orangeribbon                                                                         児童相談所全国共通ダイヤル
   CFRびわこ 〜子どもの笑顔がいちばん!!〜            「189(いち・はや・く)」

2016年度 活動総括


@第7回びわ湖一周オレンジリボンたすきリレーの充実
 参加者の増加に伴い現スタッフでの対応に限界がある中、2016年度は会則変更をし、リレーのスタッフ制
 を導入した。スタッフ体制を強化でき、それぞれの役割を果たしながら安全にかつ充実した内容で実施でき  た。
 また、参加費徴収をとの議論もあったが、活動協力金の呼びかけに力を入れた。募集の呼びかけ方法には反省 点もあったが、84,500円の協力金を得られた。

A県内のマラソン会場での啓発活動 5回(5、10、11、11、2)実施。
 大会での啓発活動は定着。

B駅前や商業施設の街頭啓発への積極的参加  街頭啓発3回(4、7、11月)
 AとBで延べ リボン(PT)4000個、ビックリボン7500個、マスク8000枚 計19500個配布
 ※マスクはNPO法人全国児童虐待ネットワークより

C児童虐待防止講演会(1月)
 
D全国各地で開催のオレンジリボンたすきリレー等と交流
 小山市、香川県丸亀市、埼玉県久喜市、大阪市(ジャスピカン)

E活動財源の確保として会員の確保と会費納入者の割合は全会員の8割にとどまっている。
 会員の増加とともに、整理を検討する時期に来ているのではないか。また、複数口の会費を呼び掛けた
 ところ18名の納入があった。
 8月からオレンジリボングッツ(ジャンパー、ポロシャツ等)窓口となり活動の収入源となった。

F活動内容の広報としてリーフレットの作成を予定していたが余力なく次年度に引き継ぐ。

G新聞等マスコミの活用
 今年度もCFRびわこの活動・・・この会の発足のきっかけとなった高島事件から10年目ということで
 多くのマスコミに取り上げてもらうことができた。