orangeribbon                                                                 児童相談所全国共通ダイヤル
   CFRびわこ 〜子どもの笑顔がいちばん!!〜            「189(いち・はや・く)」

2017年度活動計画



【活動方針】
 滋賀県内のオレンジリボン運動のきっかけは平成18年に発生した高島市虐待死亡事件の再発防止を受けて、県が平成20年から始めた運動である。
CFRびわこは、平成22年2月に立ち上げ8年目を迎える。この間、滋賀においては、
児童虐待相談件数は年々増え続け、2015年度は6023件、市町の相談体制が整備され10年間で約4倍増、子どもの人口の40人に一人が虐待相談につながっている。
2011年度の大阪府調査で、近畿府県政令市の中で、オレンジリボンの住民の認知度 51.6%、内容も知っている割合16.5%と、滋賀が一番高い数値がでている。
 私たちの啓発の取り組みが虐待の未然防止の役割の一躍を担っている。

                                        
一方で、団体として今後の安定した活動をしていく上で、
会員確保や財源の面、オレンジリボンたすきリレーのスタッフ体制など次の課題がある。
@走る団体のイメージが先行し、走らない人には会員として敬遠されがちであること
Aオレンジビックリボン等啓発グッズの費用が今後必要となること
B役員やたすきリレーのスタッフの一部のものに準備業務が集中していること
CCFRびわことして広報を引き続き行っていく必要があること
                                        



このことから、2017年度は、「子どもの笑顔がいちばん!」をモットーに、役員とタスキリレーのスタッフの役割の分担化会員の開拓や財源確保のためにリーフレットの作成や活動協力金(募金)制度を定着させたうえで、以下の活動に取り組む。
常に県内だけでなく。県外の同志とも交流しながら、びわ湖から全国へ発信していくことを通して、将来的には全国的なネットワークへの足がかりとする。あわせて、社会的擁護を必要な子どもの自立支援に向けた交流の場作りの取り組みができないか研究する。


2017年度 主な活動
@第8回びわ湖一周オレンジリボンたすきリレーの定着(10月)
 リレーのスタッフ制、安全点検の確認、活動協力金制の充実
A県内のマラソン会場での啓発活動 5回程度(5、10、11、11、2月)
参加メンバーはオレンジリボンを着用(Tシャツ、ジャンパー、たすき、リボン等)
※マラソン大会参加者はランネット等での登録時に、クラブ登録名は「CFRびわこ」で。
B駅前や商業施設での街頭啓発 街頭啓発2回程度(4、7月)
C児童虐待防止講演会(1月)
D全国各地で開催のオレンジリボンたすきリレー等と交流
E会員の新規開拓(目標30人・団体)
Fオレンジリボングッズの本格的に導入。「活動協力金」の継続
G広報(HP、メーリングリスト、ブログ、FB、Lineに加え、リーフレットの作成)
H新聞等マスコミの活用
I会員交流事業(リレーマラソンの参加&懇親会企画)